滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

ユニットバスでコバエ発生

2019-05-14

本日の弊社は、滋賀県大津市、長浜市、彦根市、

近江八幡市、守山市のマンションの防虫忌避相談、

遺品整理相談、アパートのネズミ駆除相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

令和元年(2019)の10月1日の火曜日より、

京阪本線の八幡市駅が石清水八幡宮、

深草駅が龍谷大前深草に変わるそうです。

私の地元滋賀では、

以前にJRの叡山駅が比叡山坂本駅、

京阪の坂本駅から坂本比叡山口、

JR西大津駅から大津京駅など変わってきました。

しかし中々馴染めない自分がいます。

 

そんな中で、1番馴染めなかったのが、

ドラえもんが、大山のぶ代さんでは

無くなったことですかね。


 

【メインコラム】

ユニットバスのエプロン中で、

ホシチョウバエが発生してしまいました。

要因は、窓・換気扇からの外部侵入からはじまり、

ユニットの内部の汚れを見つけたチョウバエが、

その場所を繁殖場所に選び棲みついたことです。

 

駆除としては、

エプロン内や浴室に静止する成虫を

エアゾール剤で駆除し、

その後に表皮形成制御剤(IGR)を散布します。

根本的な対策は、エプロン内に侵入しないように、

隙間を無くす方法が必要です。

浴槽と一体化しているものなら良いのですが、

シーリングで隙間を閉塞されている場合は、

切れていないか必ずチェックしましょう。

 

というわけで、

殺虫剤で駆除するのも対策ですが、

根本的に解決するのは、

環境的駆除法だということを

覚えておいた方が良いです。

 

例えば、

① 庭から侵入して来るムカデの対策として、

 ムカデがえしを設置する

② シロアリ対策として、床下を土間コンクリートにする

③ トビムシ対策として、ソフト幅木のシーリングをする

などが当たります。時には、薬を使用しなくても

問題が収束することもあり、その方がイタチごっこにならず、

完全駆除になることがありますので、

専門家に相談されることをおすすめします。


 

害虫の対策など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ