滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

トビムシ・ハダニ・チャタテムシ対策

2019-05-10

本日の弊社は、京都市左京区、滋賀県彦根市、近江八幡市、

長浜市の防虫忌避施工、医薬品工場・食品工場の防虫対策、

生前整理相談、植樹相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今朝9時ごろに、宮崎県付近にある日向灘を震源とする

地震がありました。場所は、南海トラフの西端のあたりと

されており、一部が崩れた可能性があるといわれています。

マグニチュード6.3だったことから、

気象庁はそんなに重く捉えなかったそうです。

ですが、この国は、天災国です。

地震も台風も、そしてこれからは竜巻も

定期的に来るので、備えをしながら

日々楽しく仕事に遊びに励むことをおすすめします。


 

【メインコラム】

今年も、トビムシやチャタテムシの時期がやってきました。

お問い合わせを頂くのは、

床下がコンクリート(土間コンクリート)の今風のお家です。

 

床下が土壌である

いわば昔のお家は、お問い合わせがありません。

なぜかと言うと、居住空間に侵入しないからです。

 

エッ!?

昔の家の方が隙間だらけで、

土壌なのにどうして?

 

実は、床下が土壌の場合は、

その場所が生息場所になるから

わざわざ、隙間をぬぐって

部屋に出てくる必要がないのです。

 

でも、床下がコンクリートだと、

入ったのはいいけど、

トビムシ君たちからすると、

 

「なんだココは!棲めないじゃないか!」

 

ということなので、居住空間へ出てくるのです。

入ってきたところから出ていってくれると

良いのですが、覚えてないようですね。

 

彼らは、

フローリングとソフト幅木の隙間やコンセント枠など

あらゆるところから這い出してきます。

そして、その隙間を閉塞していくのですが、

時々、「その隙間を塞いだらダメ」とおっしゃる

大工さんや建築関係の方がおられます。

 

でも大丈夫!

 

なぜなら、過去に大工さんのお客さまや

提携している建築屋さんが、このように仰ってました。

 

むしろ隙間を埋めた方が良い

家の湿気などが入る方が良くない

 

と教えて頂きました。

 

というわけで、

微小昆虫であるトビムシ・ハダニ、・チャタテムシ・

ヒメマキムシの防除は、隙間埋め施工をすることで、

ゼロにするのは難しいですが、

ストレスがかかるほどのことは防げますので、

おすすめいたします。


 

トビムシ・ハダニ・チャタテムシ・

ヒメマキムシの対策など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ