滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

故人データがさまよう時代

2019-02-04

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市南区、中京区、左京区、

山科区、滋賀県守山市、大津市の店舗のネズミ駆除、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。


 

【ショートコラム】

今日は愛犬Leoの2歳の誕生日です。

バースデーケーキは、じゃがいも・ブロッコリー・にんじん等で

人間とはえらい違いであります。

待ち遠しくて、待っています。

年に一度のごちそうです。彼にとっては最高の日です。

いつも家の中を明るくしてくれるLeoに感謝です。


 

【メインコラム】

エンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいます。

 

遺品整理には、思いを後世に遺すものとは逆に

引き継ぎたくないものもあります。

もしデータ系のものを放置してしまったらどうなるのか?

 

・秘密にしたかったものがバレた時にどうなるのか?

・現状のSNS側のデジタル資産への対応はどうなのか?

・亡くなった人の携帯電話の取り扱い

 

について、今までの事例もふまえてお話したいと思います。

 

① 見覚えの無いメール
デジタル遺品整理をしようとPCのメールを開いたら、

父が知らない女性と恋愛関係にあったことが発覚。

母が悲しまないように、息子さんが内緒に削除した

という事例があります。

データ消去をお店に依頼する場合も、

笑顔相続を第一優先として対応が必要です。

 

② かなりの確率である男性が隠しているモノ

片づけをしていると高確率で見つかる18禁モノ。

雑誌・ビデオの他にスマホやPC内がそれに当たります。

奥さまは、特に何もおっしゃらない方が多いですが、

娘さんは、「えぇ~ショック!」と言われる事が多いです。

片づけする側も、娘さんがおられる場合は、

充分に配慮して行います。

 

③ SNSで知らない女性と恋仲に

特にLINEは要注意といわれています。

他のSNSと比べても、文章の親しみ感が違うので、

友人なのか恋人なのか分からなく誤解を生んでしまう

ことも多々あるといいます。

これは、今後非常に問題となるはずなので、

サービス提供側も対応を急ぐはずです。

 

法整備はまだまだのSNSは、本人の死後も

第三者への譲渡や貸与、相続を認めないのです。

では、SNS各社のデジタル遺産への対応は

どのようになっているか見ていきましょう。

 

【フェイスブック】

本人が事前に追悼アカウント管理者を設定。

遺族もアカウント削除など依頼が可能である。

 

【グーグル】

本人は一定期間操作がない時のデータ削除や

引き継ぎを設定できる。遺族の削除依頼も可能。

 

【ツイッター】

遺族のアカウント削除依頼が可能

 

【LINE】

遺族のアカウント管理は不可だが、削除依頼は可能。

最終アクセスから1年たてばLINE社が削除する

ケースもあるという ※日本経済新聞より引用

 

このように、各サービスによって異なります。

そして、これは知っておいて欲しいことです。

スマートフォンのデータ削除やパスワード解析

といった整理の場合です。

これらは、すぐ処理ができるパソコンとは違い、

手続きが少々厄介です。

 

まずは、契約状況を調べる必要があります。

契約解除料金が発生する場合は、

携帯ショップで速やかにお支払いをした後、

解約手続き・一時休止・廃止手続きが完了次第、

専門店で各種処理を行います。

 

なお、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯電話3社は、

スマホについては、遺族の頼みでも解約できません。

そもそも簡単に解約できるようでは、

セキュリティの意味が無いのですが・・・。

楽天さんのサービスに期待かな?

 

ということで、

前回に続き、エンディングノートには必ず必要事項を記載し、

そして、どこに保管してあるのかを家族に伝えておいてください。


 

もしデジタル遺品整理・相続相談

でお困りの方は、こちらまでご連絡ください。

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ