滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

豚コレラは人間に影響あるのか?

2018-11-26

本日の弊社は、京都市上京区、中京区、滋賀県大津市、

守山市、高島市、近江八幡市の生前整理相談、ネズミ駆除、

食品工場・化学品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

昨日、東京競馬場でジャパンカップGIが行われたのですが、

競馬歴25年の私が、久しぶりに鳥肌が立ったレースでした。

 

最強牝馬いや最強馬といっても良いと思います。

3冠牝馬アーモンドアイが古馬をまったく相手にせず、

正攻法で、ジャパンカップも制し、4冠馬に輝いたのですが、

その走破タイム!なんと、2分20秒6という驚異的な数字で、

競馬ファンからすると、さぶいぼ(鳥肌)が止まらない出来事でした。

 

しかし、この鳥肌には、実は2種類あるのです。

1つ目は、競馬ファンが、強さに対する感動からくるもの。

2つ目は、馬主や厩舎、競馬関係者で、恐怖の方です。

 

2つ目は、どういうことかというと、

こんな速いタイムが出るコースは、

もはやコンクリートような硬い馬場ですから、

脚部に、ものすごい負担がかかるのです。

よく故障馬が出なかったと思います。

もし、外国招待馬が故障していたら、

とんでもないことになっていたかもしれません。

 

海外馬も今年は、期待されていたのですが、

こんな速いタイムでは、

もう来年からジャパンカップに来てくれなくなるかもしれません。

そんなことがあっていい事があるわけありません。

 

というわけで、

来年からは、高速馬場というのは、

期待できなくなるような気がしますので、

従来の2分23秒台以上での決着になると思います。

穴党の私にとっては、嬉しい限りです。

ちなみに昨日は、とりがみでしたw(的中もマイナスの意)

競馬のこと話すと止まらないので、このへんで終わりにします。

(どこがショートコラムやねん!)


 

【メインコラム】

馬の話の次でなんですが、

豚コレラというものが、やはり出てきました。

岐阜市の畜産センター公園で飼育されてた豚2頭から、

豚コレラの陽性反応が出たと発表されました。

 

9月に同市内の養豚場で発生したのに続いて、

岐阜県で、豚の豚コレラが確認されたのは、

今年で2例目で、県は施設で飼育している23頭を

殺処分しました。(時事通信社 引用)

 

豚コレラは、イノシシも同様にある病気なのですが、

人間が一番気になるところは、何と言っても感染するかどうか?

 

触れても食べても大丈夫だそうです。

ということは、触れたり、食べたりした人がいるということです。

 

殺処分の後、どうなったのか?

誰が?どんな人が、触れたのか?

誰が?どんな人が、食べたのか?

 

気になるのは、私だけでしょうかね?

なんか、説明責任というものが足りないんですよね。


 

害虫・害獣のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ