滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

コウモリの糞で二次被害

2018-10-12

本日の弊社は、京都市右京区、左京区、滋賀県長浜市、

東近江市、守山市、大津市のゴキブリ駆除、ネズミ駆除、

医薬品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

雨にまったく合わなかったスーパー晴れ男の

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

京都 → 四日市 → 姫路の出張で

3日連続の飲み会も無事に終えました。

次の飲み会が、4日後と5日後の2連続のため

明日からの久々の休日は、

もうすぐ控えてる2つのセミナーとラジオのため

資料つくりをしようと思います。

 

たくさんの有志と会い、また新たな出会いもあり、

先行く方向性もはっきりと見え、非常に充実した3日間でした。

本当に時代のスピードって速いです。

個人的には、この国の経済力はアップすると

思っているのですが、その分防災に力を入れて欲しいと思います。


 

【メインコラム】

コウモリの糞害に悩まされているお客様は、

雨が降ると流れて綺麗になるものの、

気が付けば樋にもたくさん溜まってしまい、

そこで、害虫が発生してしまうこともあります。

 

考えられるとしたら、

クロバネキノコバエやタマバエ、ゴキブリでしょう。

 

害虫と、皆さんが一般的にいう害の無い昆虫とは、

決定的な差があります。

それは、繁殖力と生育スピードです。

 

例えば、皆さんご存じのゴキブリ。

汚水マンホールに棲む不衛生な

クロゴキブリやワモンゴキブリ、

飲食店特有のチャバネゴキブリは、

繁殖力が非常に高いのは、知ってのとおりだと思います。

中でも、チャバネゴキブリは卵から約90日で成虫になるので、

ものすごいスピードで増えていきます。

 

ところが、山に棲むようなゴキブリは、

室内で繁殖させるのは、至難の業だと聞きます。

何が難しいかというと、冬の過ごし方だそうです。

室内を温めるだけでは、ダメだそうです。

自然に棲む者にしか分からない何かがあるのだと思います。

 

というわけで、

世の中、増えて欲しくないものは、

ほっといても簡単に増えるものですが、

増えて欲しいものほど、難しいものだということを

知っておく事をおすすめします。

 

そして難易度の高いものほど、投資が必要ですし、

そのターゲットに対して、しっかりとリサーチしないと

いけませんね。


 

お掃除ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ