滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

重要なのは奥さまの眼

2018-08-01

本日の弊社は、京都市山科区、滋賀県守山市、大津市、栗東市の

ユスリカ対策、スズメバチ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、未来が明るいと感じ笑顔で過ごしている国民がいます。

皆さんお分かりでしょうか?

その国とは、北朝鮮です。

ある方の情報によると、想像以上に清潔感もあり、ゴミも少なく、

そしてマナーも教育されており、公共機関も素晴らしい成長だそうです。

この状況を作り上げた、金正恩総書記の凄さは以前も取り上げましたが、

小さな国が、大国に一歩も怯むことなく、同等に接している姿は、

尊敬します。この精神は、本当に見習いたいものですね。

—————————————————————————–

 

【メインコラム】

今年は、昨年よりも長い期間で、トビムシの相談があります。

トビムシにお悩みになられている方の共通点は、

 

① 新築もしくは、床下がコンクリートのお家

② お子様がまだ乳児か幼児である

③ 虫が嫌いもしくは、トビムシが見えるようになった

④ 旦那様が相手にしてくれない

⑤ 床ばかり見ている生活である

 

といった点が挙げられます。

家の中をガッツリ対策できる場合は良いのですが、

費用の問題等で、アクションを起こせない場合は、

外周部分の薬剤処理のみとなることがあります。

しかし、このトビムシは、

1㎡あたり1万頭 ほど

棲息しているといわれ、これは中々難しい問題であります。

ちなみに、雨が降っても大丈夫です。

 

しかも、トビムシは分解者と呼ばれており、

環境的に必要な生物なので、

害虫駆除業者もアクションを起こせないのがほとんどであります。

では、どのようにしたら家の中で見なくなるのでしょうか?

 

こたえは、

 

侵入経路を断つ

 

ことです。

こやつらの侵入経路は、

1ミリ以下なので、小さな隙間も見落とさずに閉塞していくことです。

 

工務店さんならもっと安い

 

そうなんです。

しかし、大工さんでは無理なのです。

なぜかというと、トビムシ目線で仕事が出来ないからです。

実際、やってみたら分かるのですが、

家というのは、恐ろしいくらいの数の隙間があります。

もっと言うと、トビムシ目線だけではなく、

 

奥さま目線も重要なのです

 

例えば、

奥さま 「ここも隙間あるので止めてもらっていいですか?」

工務店 「ここは、壁の中と通じていないから大丈夫です」

 

これNGなのです。

トビムシは壁と繋がっていなくても、この中に潜むことができます。

そして、何より不安でいっぱいの奥さまからの要望なのですから

快く承諾して隙間を埋めないといけないのです。

「中と通じていないから」とか通用しないのです。

 

というわけで、

今までも、費用面で成約にならなかったお客様がおられますが、

その代償として奥さまにはストレスが溜まっていることを

理解されることをおすすめします。

そして、費用面でお断りされた旦那様は、

愛する奥さまのために、ご自身で隙間埋めを必ずやってください。

 

先日、お伺いしたお客様もおっしゃっていました。

「夫婦喧嘩はしました。しかし、妻の姿を見てお金に変えられないとの決断でお願いした」

 

とのことでした。

こんな素敵な旦那様がパートナーだと、奥様も幸せですよね。

だって、理解してもらえただけでも、気持ちはかなり楽になるのですから。

—————————————————————————–

 

トビムシのご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

 

トビムシ対策① トビムシ対策②

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ