滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

マダニ注意報

2018-06-20

本日の弊社は、愛知県一宮市、京都市中京区、

滋賀県湖南市、彦根市、近江八幡市のマダニ相談、ネズミ相談、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

昨日のロシア ワールドカップ杯Hグループ予選。

まさかの衝撃!

日本がコロンビアに勝利という大感動を味わった

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

香川選手の冷静なPKで1点先制の後、

本田選手のコーナーキックに大迫選手のヘディング。

もう興奮して、家であばれる君状態でした。

 

そして何と言っても、

カルロス・サンチェス選手の一発退場が

誰もが気になるところだと思います。

サッカーに詳しい方ならば、

エスコバルの悲劇が、脳裏をよぎることでしょう。

私は、サッカーの評論家ではありませんが、

素人の私から見ても敗戦の理由は、彼だけではありません。

これでも私は、野球ですがプロの手前までいった人間です。

 

ズバリ!コロンビアの敗戦の理由は、日本をなめてましたね。

コロンビアの実力なら、10人でも勝てたはず。

スポーツは、本当に何があるか分からないのですね。

———————————————————————

 

最近、陰に隠れていますが、

マダニの被害が増えているそうです。

当社にも、同定調査の依頼があり、検査させて頂きました。

(肛門部と周辺の模様、4対の脚が判定材料に)

 

その方は、付着しているマダニを無理やり引っ張られたので、

かなり痛かったそうです。

これは、絶対にやめて欲しい行為であります。

といっても、実際その時になったら、

私も同じことをしてしまうかもしれませんが・・・。

 

では、なぜ無理やり剥がすとダメなのかというと、

皮膚が大好物なマダニは、中々離そうとはせず、

セメントのようなもので固定するため、

無理やり放すということは、マダニを引きちぎるような行為になり、

部位が皮膚に残されてしまうのです。

そこから二次感染などが起こるというわけです。

 

多くの病気を媒介することで有名なマダニがもたらす

代表的なのは、感染したら10人に1人が死亡する

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

 

です。

その他にも、犬バベシア症・日本紅斑熱・Q熱・ライム病・回帰熱

が知られています。

 

というわけで、

もし、皮膚に付着するマダニを見つけた場合は、

綿棒にアルコールを浸み込ませて、

やさしく突っつくことをおすすめします。

根気よく行うとマダニから離れてくれることがあります。

 

それか、触らずにそのまま病院に行った方がいいです。

病院も町医者の場合は、判断できないことがほとんどなので、

必ず大きな病院に行かれるようにしてください。

———————————————————————

 

害虫にお困りの際は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

マダニ背面3 マダニ背面1 マダニ背面2 マダニ同定依頼1 マダニ同定依頼2

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ