滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

何もしない虫って誰が決めた?

2018-05-17

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市中京区、左京区、

福井県小浜市、滋賀県長浜市のネズミ相談、アリ駆除、

コバエ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今の日本は、

水際対策をしなくてはいけない問題が

山積みになっているので、

不安で仕方がない美鈴環境の鈴木です。

 

日本では過去の病気だと思っていた

はしかが流行しています。

今の若い医師では、はしかを見切れない可能性があり、

かなり問題があると思われます。外来生物もそうですが、

ウイルスや感染症は、どんどん海外から入って来ています。

本当に今の日本は、対策すべき点が多すぎます。

介護・相続・少子化問題は氷山の一角ですね。

—————————————————————–

 

今日は、タカラダニやアリが

めちゃくちゃ多かったです。

連日、暑い日が続いているので、

虫も外へ出てきているようです。

 

今日お伺いしたお客様は、白色の外壁だったので、

かなりたくさんのタカラダニが確認されました。

あと、高温になるステンレスやアルミサッシの部分も

多く徘徊していました。

 

この5月は、タカラダニが非常に多く見られる時期ですので、

タカラダニにお困りの方は、

このあたりで、一発叩いておくと良いと思われます。

特に、苔がたくさん生えているところは、要注意です。

 

そして、このタカラダニをはじめ、

害虫とされない生物は、

何も問題視されない方も多いと思われます。

特に世のお父さんです。

 

最近多いお問い合わせは、

トビムシやヒメマルカツオブシムシですが、

マダニが殺人ダニと呼ばれたのが

最近になってからだったように、

研究されていない虫は、未だ正体不明なので、

 

「何もしない虫」

 

なんて勝手に決めつけないことをおすすめします。

本当に守らなくてはいけないのは、何か考えてみましょう。

—————————————————————–

 

タカラダニ・アリ駆除の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

タカラダニ駆除2 タカラダニ防除③

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ