滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

美鈴のカルテは、よそとは違います

2017-12-15

本日の弊社は、京都市中京区、左京区、

滋賀県八日市市、大津市、長浜市の生前相談、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

個人の税負担がじわり、じわりと増えてくるのに対して、

もう貯資産に切り替えようと考えている美鈴環境の鈴木です。

 

私自身は関係ありませんが、

2018年の10月から段階的に、たばこ税が上がります。

そして、2019年は、いよいよ消費税、

2020年には、フリーランスや請負で働く人は、減税に対し、

高所得者や年金受給者が増税になります。

 

基本的に何でも、ルールというものは、

強い者が有利に、弱い者が不利になるように出来ているものです。

ですから、お金の正体というものを、

もっともっと知っておくことをおすすめします。

 

さて今日は、当社が施工後に、お客さま宛てに提出する

報告書についてお話したいと思います。

食品工場などの企業さんに対しての報告書になると、

昆虫相のモニタリング結果、残留農薬等に関するポジティブリスト、

インスペクションレポート(工場内の異物混入に関する診察)、

考察などをご契約に応じて作成します。

 

その中でも、インスペクションレポートは、カルテのようなもので、

その会社さまが、虫や毛髪、微生物などの病気に侵されている箇所

および、その可能性がある箇所を記している重要リストです。

しかし、このリストが活用されていない場合は、

私たちも、改善方法を考え、真因究明に努めなければなりません。

 

特に 6つの経営資源 (人財・資産・資金・情報・技術・顧客)

や管理項目、部門を含めた経営活動3次元 です。

これらどこかの鎖が切れているのかもしれないので、

本来ならここまで調査する必要があるのです。

 

たかが、防虫管理やのに大げさやなぁ

 

と思われた方がおられるかもしれません。

しかし、行動を起こせない場合は、必ず理由があるのです。

そこを、何とかしないと問題解決は、迷宮入りとなり難しいので、

報告書にも記載し、トップ層にも理解して頂く必要性があるのです。

 

一般家庭の場合は、

企業さんほどのボリュームある報告書にはなりませんが、

同様に、施工記録と考察、保証期間のことを記載して提出します。

さらに今、当社は、笑顔相続に対して取り組みをしておりますので、

1件に対して1冊、笑顔相続ノートをプレゼントしております。

 

というわけで、

害虫駆除や異物混入防止調査などのお仕事の場合は、

終了した後に、現地でお客さまにお伝え出来なかったことと、

カルテである診断書を、必ず提出することをおすすめします。

なぜかと言うと、

結果がすぐに見えないものが多いのと、

口答で伝えるのが、めちゃくちゃ難しいからです。

 

コミュニティの構築

 

これは、非常に大切なので覚えておいて損はありませんよ。

 

害虫獣・異物混入防止のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

作業完了報告書M市 笑顔相続ノート

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ