滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

関西弁で学ぶ笑顔相続11(金の延棒の在り処をサザエがナイショにしていた )

2017-12-10

美鈴環境サービス、相続診断士の鈴木です。

 

本日の関西弁で学ぶ笑顔相続11は、

法定単純承認

についてお話をしたいと思います。

今回も、分かりやすいようにサザエさん一家で考えてみましょう。

波平さんすみません。今日もお亡くなりになっているパターンです。

 

前回、単純承認のお話で、

必要な法的措置を取らずに、放置したまま、

熟慮期間と呼ばれる3ヶ月を過ぎてしまったら、

 

「相続人は、被相続人の

すべての財産を受け継ぐ意思がある」

 

と判断されてしまい、法定相続分どおりに相続したものと

自動的にみなされてしまう。と言いましたね。

前回のブログ → http://misuzu-eco.com/?p=5436

 

最初から、「別に単純承認でええわ」

と思っているんやったらいいんですが、

そんなつもり更々ないにも関わらず、

以下の行為を取った場合もまた、単純承認したとみなされるんです。

 

① 相続人が、相続財産の全部または一部を処分した

例えば、波平の銀行カードをカツオが勝手に使い、

ごちそうや漫画を買っていた場合は、処分行為にあたります。

でも、波平が通っていた居酒屋のツケを、

カツオが波平の銀行カードから

勝手に引き出して、居酒屋に支払った。

こんな場合は処分したとみなされず保存行為となり、

基本的には、単純承認とはみなさないんです。

 

② 熟慮期間3か月以内に、限定承認も相続放棄もせなかった

これは、そのまんまです。

 

③相続財産の全部または一部を隠したり、財産目録に記載せんかった

これは、私も遺品整理の仕事をしていて、何度か経験があります。

 

例えば、サザエさんは、波平がこっそり金の延棒を

仏壇の引き出し奥に隠していたのを知ってたんです。

これを、法定相続人であるフネ・カツオ・ワカメには、ナイショにし、

遺産分割協議の際に、作らんとあかん財産目録表に

記載せんかったんです。

そして、高級ドレスを購入したり、

ホテルでマスオさんとタラオと家族3人で豪遊するなど、

自分のために使った場合がこれに該当するんです。

 

もちろん、限定承認や相続放棄した後でも、

このような行為が見つかったら単純承認となるんです。

これ、孤独死後にめっちゃあるんですよね。

私は、裁く者ではないんで、よう言えへんのですが、

ずっと不満に思っている1つなんです。

 

というわけで、

故人が亡くなった後、遺産分割協議が成立するまでは、

絶対に財産に触れないことを覚えといてください。

そして、サザエさんみたいに、知っている情報を隠さずに、

相続人にすべてお話するようにしましょう。

 

そうしないと、3か月以内に手続きした

限定承認も相続放棄も問答無用に、消滅してしまいますよ。

 

次回の関西弁で学ぶ笑顔相続12は、

遺留分

について詳しくお話したいと思います。

 

カテゴリーは、左サイドメニューにある

関西弁で学ぶ笑顔相続

をクリックしてください。

関連ブログ 関西弁で学ぶ笑顔相続はこちら

 

滋賀・京都の相続診断(無料)は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ