滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

安全第一がお客様のためになる

2017-11-10

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、

滋賀県彦根市、長浜市、守山市の生前整理、

異物混入防止対策、ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

ケネディ大統領とリンカーン大統領の奇妙な偶然に

めちゃくちゃ興味がある美鈴環境の鈴木です。

暗殺曜日は、ともに金曜日。

暗殺状況も、ともに妻の前で銃殺。

特に秘書の名前が、ケネディの秘書がリンカーンで、

リンカーンの秘書がケネディというところ。

書けば長くなるのですが、他にも偶然とも思えぬことが沢山あります。

まるで、生き写しのように思えてならないのは、私だけでしょうか。

 

さて今日は、労働安全衛生についてお話したいと思います。

安全第一の生みの親であるエルバート・ヘンリー・ゲーリー。

彼は、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、USスチールの社長でした。

1990年初頭のアメリカ国内は、不景気のあおりを受けていました。

労働者のほとんどが黒人であり、劣悪な環境の中で、

危険な業務を従事されていました。

 

その 結果、多くの労働災害が起こっておりました。

当時は、生産が第一・品質が第二・安全が第三とされていたのですが、

会社の経営方針を抜本的に変革し、

 

安全第一、品質第二、生産第三

 

と新工場のスローガンをゲーリー社長は打ち出した結果、

どういうことが起こったかというと、

死亡者が激減したのは当然ですが、

品質も向上し、生産力もグンと上がったのです。

 

安全と生産は決して、対立するものではないということです。

 

従って、当社のような小さい会社が今こうして、

安全・安心を何よりも優先というスローガンを

ホームページのトップ画面に掲げているのは、

ゲーリー社長のおかげなんだと思います。

 

私が生まれた昭和47年に労働安全衛生法が制定されました。

その後、これを機に労働災害は激減しました。

この、私たち従事者にとって、バイブルのような労働安全衛生法とは、

いったい、どのような法令なのでしょうか?

法令というのは、難しくて理解するのが難しいです。

しかし、この中に第27条で、省令への委任というものがあります。

そこには、このように書かれています。

 

第20条から25条まで及び第25条の2第1項の規定により

事業者が講ずべき措置及び前条の規定により

労働者が守らなければならない事項は、厚生労働省令で定める

 

とされています。

 

この省令は、労働安全衛生規則 で定められています。

 

というわけで、

労働安全衛生の詳細を知りたい場合は、

労働安全衛生法ではなく、労働安全規則を

調べると良いです。

そして、最も理解しなければならないのが、

この場合、法令=規則 、規則が法なのです。

ですから、規則だから法ではないと思ったら大間違いだということです。

 

これで、守らなければならないということがお分かりになったと思います。

しかも、品質も生産力もアップし、事故も減る。

だから、お客様にも良い商品・サービスが提供できる

 

いいことずくめですね。

 

害虫獣防除も安全・安心を何よりも

優先する当社をご希望の場合は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ