滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

新築の防虫構造チェックします

2017-10-30

本日の弊社は、京都市上京区、山科区、

滋賀県彦根市、高島市、大津市、守山市の

瓦補修相談、ゴキブリ駆除、ムカデ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

3歳児のインターネット使用率が47.5%、

9歳児が何と!89.9%に驚いている美鈴環境の鈴木です。

 

長時間スマホは、コミュニケーションが減少するのは当然です。

しかし、感情をコントロールする脳梁(のうりょう)という部分が

やせ細ってしまうので、非常に危険だそうです。

世の奥さま方、手が離せない時に、

スマホを子どもに渡したりしていませんか?

ズバリ!!集団行動ができない大人になってしまうので、

絶対にやめましょう。

 

さて10月のご依頼、そして11月のご予約において、

生前整理(モノのかたづけ)、新築の防虫作業、

ベランダの防虫ネット工事、ムカデ対策が多くなっております。

 

今日は、皆さんにあるポイントをお知らせしたいと思います。

まずは、この写真をご覧ください ↓

害虫獣侵入経路

 

これは、エアコンの新設工事中の様子です。

赤丸のポイントでありますが、

この部分の隙間埋めは、非常に重要となります。

 

なぜかと言うと、

ここの隙間をパテ埋めしておかないと、

壁の中にゴキブリなどの害虫やコウモリが侵入する

可能性が高くなるからです。

さらに、化粧カバーが付いたあと、

一番下の部分(室外機に近い箇所)にパテなどが無いと、

もうほぼ絶望的になります。

 

この写真は、カバーにパテなどがなく、

ネズミが侵入し、齧られた後です。

エアコン化粧カバー

 

この状態になりますと、

例えば、エアコンをかけたら風といっしょに、

ゴキブリやウイルスも出てきたり、

コウモリやネズミ、イタチの出入口になったりするのです。

 

というわけで、

もし新築を建てられる予定がございましたら、

まずは、ゴキブリや小動物が入らないためにも、

害虫コンサルタントの当社専門員にご相談頂けると

良いかと思います。

 

出来上がってからでも、遅くはありませんが、

建設中であると、当社が指摘したポイントを、

工事業者さまが、

ついでにやってくださる場合がありますので、ご相談ください。

 

新築の防虫対策のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ