滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

外に落ちているドングリに注意

2017-09-25

本日の弊社は、京都府相楽郡精華町、京都市東山区、山科区、

滋賀県彦根市、高島市、東近江市、甲賀市、大津市の

スズメバチ駆除、コウモリ点検、クマネズミ駆除、

チャタテムシ相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

殺人生物ランキングの第4位にちょっとビックリしている

美鈴環境の鈴木です。

1位は、皆さんご存じだと思いますが、

蚊で72万5000人。

 

2位は、人間で47万5000人。

3位は、今日もお問い合わせがあったヘビで5万人。

5位は、ハエで1万人でした。

 

さて第4位は、何だと思いますか?

正解は、なんと!!

 

 

なんです。2万5000人ともいわれています。

そして、犬の持っているあるウイルスに感染すると、

ほぼ100%死ぬといわれています。

それは、狂犬病です。

水を飲んだら激痛が走る狂水症に罹るとさらに危険です。

日本では半世紀発症ゼロという素晴らしい結果ですが、

外国との交流が盛んな今般では、安心はしていられませんね。

 

さて今日は、ヘビやコウモリ、チャタテムシ、クマネズミに

困られているお客さまからのお問い合わせが殺到でした。

対応出来なかったお客様申し訳ございませんでしたm(__)m

 

中でも、クマネズミが屋根裏に潜んでいるということで、

空洞部に細ノズルで追い出しスプレー

を噴射し、追い出しました。

 

そろそろ、クマネズミのオスの活動が活発になってきます。

外部に通じる扉に隙間が有る場合などは、

早急に閉塞する必要があります。

食品工場では、排気ダクトの周辺で、

いいニオイがする場合は、

外周部に捕獲器などを講じる必要性があります。

 

というわけで、

秋になると、ヘビ・クマネズミ・イタチなどの小動物も、

人間と同じで、食欲の秋に入ります。

というより、人間は食べる欲が高まり、

小動物は、冬を越すために食い溜めを試みます。

特に、クマネズミの場合は、外にドングリの実が落ちていたりすると、

食べにやって来ますので、食品工場などにお勤めの方は、

外に木の実が落ちていないかチェックしてください。

落ちていたら、外周のネズミ防除に力を入れることをおすすめします。

 

ネズミ駆除、異物混入防止のお手伝いは、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止支援は、

作業ではなく、混入防止の調査です。

お気軽にお問い合わせください。

 

クマネズミ追い出し

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ