滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

意外と知られていない重要な調査

2017-07-01

本日の弊社は、京都市左京区、伏見区、

大阪府豊中市、滋賀県東近江市のコバエ駆除、トビムシ対策、

ゴキブリ駆除、昆虫同定、殺菌消臭にお伺いしました。

 

今、新しい防虫グッズを開発中の美鈴環境の鈴木です。

この商材が完成したら、

当社の通販事業部であるMiraiS(ミライズ)で

販売しようと考えておりますので、楽しみにしていてください。

 

皆さん、かなり蒸し暑い日々が続くようになりました。

高湿度は、虫も菌を好むので、

快適な暮らしを望む人間にとっては、強敵に間違いありません。

 

定期的に訪問しているお客様では、

写真のように、誘引剤が付いていない粘着シートで、

どのような種類が生息しているかの調査をします。

設置場所は、外灯や黄色いポール、雨水配管などに

巻きつけます。

もし、我々にとって健康被害を及ぼす虫が捕獲されていたら、

シグナルライトを点灯させ、皆さんに注意を促します。

 

また、目視点検も行います。

この日は、刺咬性昆虫のムシヒキアブが10頭くらい確認されました。

その周辺には、卵や幼虫が生育できる場所がありましたので、

環境的防除(環境整備)もしくは、

化学的防除(殺虫剤など)で対策をご提案します。

 

というわけで、

食品工場などのモニタリング調査は、

工場内だけではなく、

外周部も行うことをおすすめします。

なぜかと言うと、

工場内で内部発生する虫の早期発見につながるからです。

内部発生虫というのは、突然内部で生まれるわけではなく、

元は、外部のどこかの経路を伝って入ってくるわけですから、

かなり有効な手がかりになります。

 

どのポイントで、どの虫が最も多いのか?

発生源や飛翔しているポイントが知ることが出来ますので、

現在、外部のモニタリングをされていないのであれば、

ぜひ、実施されることをおすすめします。

 

昆虫同定にお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

フライトラップ9番2017.6 北面ムシヒキアブ生息多い2017.6

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ