滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

墓地・竹やぶ・川の3点セットに潜む恐怖

2017-05-17

本日は、福井県大飯郡、大阪市、

滋賀県彦根市、愛知郡、野洲市、大津市の

ネズミ駆除、アライグマ調査、シバンムシ対策、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

皆さん、アライグマを見たことがございますでしょうか?

あの11歳の少年、スターリング・ノースと

あらいぐまの「ラスカル」の友情物語で有名なあの獣です。

友情物語の反面、人間との共存の難しさも表しています。

 

まさにその通りで、

元々は海外でペットとして、私たち人間が飼っていたのです。

でも、なつかなかったため、人間が捨ててしまいました。

ですから、アライグマは人間をかなり怖がります。

 

そして彼らは、写真のような被害をもたらすのです。

ホースカバーの被害と糞の状況は下記の通りです。

「よく、これ以上齧らなかったなぁ」

と思うくらい寸劇状態であります。

また、穴を掘ってウンチが1つ。

と思いきや、散乱状態の場所もありました。

他にも、断熱材はボロボロにするので、

温熱環境も悪くなりまし、おしっこで天井板は染みになります。

 

しかし、本当の恐さは別にあるのです。

それは感染症に罹った方がおられ、

死亡事例が実際にあることです。

媒介者であるアライグマ回虫が原因なのですが、

殺虫剤では駆除出来ないので、焼却駆除が必要なのです。

 

そして噛まれたら、どえらいことになります。

指の1本や2本、平気で持って行かれてしまうのです。

消毒は、地獄のような痛みなので、

絶対に自分で捕獲しようとはしないでください。

 

さらに、大切な愛犬・愛猫・小鳥などの

ペットを食べてしまいます。

これは大変!

「とにかく隙間が無いか調べて欲しい」

と思われた方は、

こちらまでお問い合わせ頂けたらと思います ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

さらに、さらに厄介なのは、

保護獣として守られているので、

申請無くして捕獲は出来ないのです。

あんなに可愛いのに、

その正体は、凶暴動物なのです。

 

もし貴方の住居が、

墓地、竹やぶ、川の3点セット

 

をお持ちの方がおられましたら、

侵入経路が無いか確かめてください。

 

見るべき点は、

過去に閉塞されているのであればその素材です。

必ず、鉄かステンレス、アルミなどにしましょう。

そして、

● 直径10cmの丸型

● 8cm平方の正方型

● 12cm×6cmの長方型

これらの隙間があれば、もう危険がいっぱいですので、

上記素材で緊急閉塞を行ってください。

 

また、隙間の閉塞工事は大工さんや工務店の人ではなく、

害獣対策の経験豊富な

害虫駆除屋さんにお願いした方が絶対に良いです。

 

なぜなら、歯が少しでも入る隙間がある止め方

いわゆる噛みつけるような封鎖の仕方では、

血だらけ承知で、ひきちぎってでも

侵入することを私たちは知っているからです。

 

棲みつかれたら、本当に大変なアライグマやハクビシン。

業者も簡単には動けない害獣ですので、

ぜひ覚えておいてください。

そして、防除後は必ず居住空間の殺菌消毒を行いましょう。

 

もし、害虫・害獣にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

アライグマ被害1 アライグマ被害2 アライグマ被害3 アライグマトイレ1 アライグマトイレ2 アライグマトイレ3

 

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ