滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

風邪やインフルエンザに瓜二つの感染症

2017-03-04

ライム病

 

【病原体は】

病原体のボレリア属菌は、全長10マイクロメートルの

らせん状スピロヘータ(人獣共通細菌)で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

死亡例はほとんどありませんが、

2007年に1例報告されております。

 

【主な媒介者は?】

病原体を保有する野ネズミや鳥にマダニが吸血します。

その病原体を持ったマダニが媒介者となります。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は数週間で、

リンパ節の腫張・頭痛・発熱・悪寒・

筋肉痛・関節痛・倦怠感が起こります。

尚、紅斑が出ない場合は、風邪やインフルエンザのような

症状と似ており間違えやすいです。

また、症状が出ない場合もあります。

重篤化すると中枢神経症状や心疾患、慢性関節炎、

皮膚症状、末梢神経障害などいろいろな症状が現れます。

 

【ワクチン接種について】

現在、使用可能なワクチンはありません。

 

【これが大事】

①  媒介者であるマダニの対策を行いましょう。

②  マダニに刺咬された場合は、

 引き剥がさずに皮膚科で対応してもらいましょう。

 くれぐれも無理に虫体を取らないようにしましょう。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ