滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

異物混入防止編 忘れ物をしないコツ

2017-02-17

異物混入を防ぐために大切な

忘れ物をしないコツ

をお考えになられたことがありますでしょうか?

 

結論から言いますと、

チョイ置きしないことです

 

このチョイ置きは、

モノと脳内のチョイ置きを表します。

 

さてここで、モノのチョイ置き例をいくつか挙げてみます。

食品製造ラインでの解体洗浄(工事)作業

 清掃用具(ネジ)をチョイ置きしたことを忘れて組立。

  稼働時に異物巻き込み事故

 

 靴を履きかえる際に、下駄箱の上に

 手に持っていたものをチョイ置き

 そのまま帰宅して、後日回収に訪問。

 

更衣中に、首に掛けていたものを空いている場所にチョイ掛け

 そのまま帰宅して、後日回収に訪問。

 

複数で仕事する時、各々がバラバラに道具を管理する

 そのまま帰社して、後日回収に訪問。

 

訪問時は雨が降っていたが、帰宅時は晴れているケース

 傘立てに入れていた傘を忘れてしまい後日回収に回収。

 

これらモノの忘れ物をする時に、

邪魔をするのが脳内のチョイ置きです。

この絶妙のタイミング時に、何か違うことを考えてしまうと、

高確率で忘れてしまうのです。

⑤番の傘の忘れ物は、晴れている光景を見たために、

脳が雨を忘れてしまうからだと考えられます。

 

従って、忘れ物をしないための意識を持つことが大切です。

そのためには、工夫も必要になります。

①は、製造ラインに置かない

②と③は、上に置かず足もとに置く

④は、1箇所にまとめるルールにする

⑤は、必ず見るところにメモ書きを置く。

 

人は、忘れ物をする生き物です。

しかし、これは意識が足りないからであり、

異物混入を防ぐ仕事をしている私たちは、

間違いなく一般の方々に比べて少ないです。

 

この考えを応用しますと、

さまざなトラブルを防ぐコツが分かってきます。

「異物混入に困った」

時はこちらまでご連絡お願いします ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ