滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

ミスズマン

社長ブログ

本日の弊社は、京都市左京区、滋賀県東近江市、大津市、蒲生郡の

遺伝性防虫忌避相談、消臭殺菌施工、シミ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

全国高校野球選手権大会ベスト8、滋賀代表の近江高校が

2-3xで秋田代表の金足農業にサヨナラ負けで、

惜しくも敗退してしまいました。

 

野球には少しうるさい美鈴環境サービスの鈴木です。

私は大学まで、投手として生きてきました。

プロからもスカウトして頂いた時期もあり、

アマチュア以上の技術とメンタルは持っていたつもりです。

 

私と同等、それ以上の実力を持っている方々なら

見ていたら分かるのです。

何かと言うと、近江高校が2-1で9回まで勝っていたのにも関わらず、

流れは、金足農だということを・・・。

そして、認めたくはないけれど、負ける予感がすることを・・・。

だから、あのような場面になると、

相手がプロであっても、

本当は選手たちに声をかけてあげたいと思うのです。

 

これは、選手や監督では、

ゲーム感での冷静さを保てない状況であるため、

外野からでないと、分からないものなのです。

 

私が、あの場面の投手なら、

まず何を考えて投げるかというと、

「自身がここまで来るのに、どれだけしんどい練習をしてきたか」

というのを思い出します。

そして、その努力を今風で言えば、

自身で超いいねと承認し、

「対戦打者には負けるわけがない」と言い聞かせます。

 

9回というラストイニングは、

このメンタルの強さをMAXで引き出す回なのです。

これが出来ないと、流れに巻き込まれ、

特にピッチャーは、自滅してしまうのです。

 

空気は読むのではなく、作るのです

 

気が入った球を投げると、相手にもそれが伝わり、

バットの上にボールが行くようになったり、

当たりが良くても、野手の正面に飛んだりするものです。

そうです!空気を作るのです。

 

高校生なので、仕方がありませんが

選手たちは、将来仕事にリンクする勉強になったと思います。

 

野球だけではなく、仕事でも

ここぞ!という場面は、

必ず気が入っていないと何事も失敗してしまうので、

注意されることをおすすめします。

典型的なのは、風邪ですね。

——————————————————————————

 

【メインコラム】

今年は、トビムシの相談は例年くらいでしたが、

チャタテムシや紙魚(シミ)の相談が多かったように思えます。

 

わずかな隙間に逃げ込む微小昆虫は、

市販の殺虫剤では、なかなか効果が表れません。

そこで、まずは彼らにとって、

棲み心地の良い環境を変えてしまうという方法が有効です。

これを、プロの世界では、環境的駆除法と呼びます。

 

この隙間埋めの作業ですが、

一見、誰にでも出来そうに思えますが、

まず、出来ません。

 

「えっ!?ただの隙間埋めやん」

 

と思われるかもしれませんが、断言します。

 

出来ません

 

なぜかというと、

彼らが這い出して来る隙間を理解していないからです。

見た目、隙間がなさそうなところからも出てきます。

ですから、この部分には

隙間があるということを知っておく必要があるのです。

 

というわけで、

隙間埋めでこんなにお高いの?

とおっしゃるお客様も少なくはありませんが、

作業時間は、かなり要することを覚えてくことをおすすめします。

 

ご主人が奥さまの悩みを解決するのは大歓迎であります。

しかし、2LDKくらいの広さでも6時間程度はかかりますので、

知っておいた方が良いですね。

 

そして、隙間埋めという仕事でも

気を入れてやらないと、

わずかな隙間を逃してしまうということを

先日、お客様宅で学ばせて頂きました。

技術だけでは、なかなかパーフェクトには出来ないものですね。

——————————————————————————

 

紙魚(シミ)・トビムシ・チャタテムシ

に関する相談は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

チャタテムシ・シミ・トビムシ対策施工1 チャタテムシ・シミ・トビムシ対策施工前施工後

一覧

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ